相続税のきほん Archives - 暦年贈与・連年贈与でできる相続税対策

HOME » 相続税のきほん

相続税のきほん

連年贈与と保険

生前に贈与を受ける可能性がある場合、必ず覚えておかなければならないのが「連年贈与」というワードで、これは贈与関連の話題になると必ず出てきます。
まず贈与には基礎控除があって、年間110万円以内の贈与であれば贈与税が発生しないというものであり、基礎控除を利用して毎年生前贈与を繰り返す人がいます。

しかしある日それが連年贈与であると指摘を受けて贈与税の納税対象になってしまうことがあるのですが、これはどういうことか分かるでしょうか?
おそらく贈与税について知らない人はなぜ基礎控除額の範囲内で贈与しているのに贈与税がかかるのか?と思っているはずです。

連年贈与とはあらかじめ決められた金額の贈与を毎年行うことが決められていた場合の贈与で、たとえば1,000万円の財産を10年かけて100万円ずつ贈与している場合は連年贈与と判断されてしまうことがほとんどです。
なぜなら毎年決められた金額を渡していれば、もともとあった1,000万円を分割して渡しているのだなということが明確ですし、それがOKになってしまえば誰もがそうしてしまうため、贈与税があってないようなものになってしまうからです。

≫ 『連年贈与と保険』

連年贈与を回避

相続税対策の一環として生前贈与をしたいと考えている人も多いと思いますが、その際には連年贈与を回避しなければなりません。
生前贈与は年間110万円の基礎控除がありますので、それまでの金額の贈与であれば非課税でできますから、何年かに分けて贈与していけば税金の負担を抑えた状態で財産を渡すことができます。
しかし連年贈与とはもともとある財産を意図的に何年かに分けて贈与していると判断された場合に適用され、そうなると先ほど言ったようなやり方をしてしまえば当然連年贈与に該当してしまいます。
≫ 『連年贈与を回避』

連年贈与に注意

遺産相続をするときにたくさんの財産を相続するとなると相続税の負担が大きくなってしまいますが、そんなときの対策として生前贈与を行うケースがあります。
生前贈与とは文字通り被相続人の生前に財産を贈与することで、対象となる財産はみなし財産を除けば基本的に遺産相続のときに対象となるものと同じです。
≫ 『連年贈与に注意』

タックスアンサーが便利

相続税や贈与税に関することは普段から税金について調べている人や税理士のような専門家でもない限りなかなか知る機会もありませんし、調べようと動くこともありません。
しかし将来的に自分の財産を相続させたい家族がいるなら、できるだけスムーズに引き継ぎができるようにしておいたほうが良いですし、遺産には相続税が絡んでくることも多いので自分の遺産によって家族を苦しめてしまう可能性もあります。
そういったことを避けるためにも生前からできるだけ情報収集し、自分でできることはやっておくことが大切になります。
≫ 『タックスアンサーが便利』

暦年贈与を使った相続税対策

暦年贈与とは、年間110万円までは非課税となる仕組みです。
この枠は一年単位でチェックされますから、毎年110万円以内の贈与に留めておけば、贈与税を回避しつつ財産を他人に分け与えられます。
これをうまく使えば、一切税金がかからないまま財産を減らせますから、相続税対策としても有効です。
ただし、制度の理解のほか、よくある課税の実例なども見て、うまく行うのがお勧めです。

≫ 『暦年贈与を使った相続税対策』

暦年贈与で相続税を減らすには

相続税を減らそうと思ったら、早めにその財産を子供などにあげてしまうのが有効です。
相続をきっかけに動く財産が少なくなれば、それにかかる税金も少なくなります。
いい方法のように思えますが、贈与税や暦年贈与のことを知らないと、相続税を減らしても贈与税が増えてしまうことがあります。
これらをうまく使って相続税を減らすにはどうしたらいいのでしょうか?
≫ 『暦年贈与で相続税を減らすには』