相続税対策 Archives - 暦年贈与・連年贈与でできる相続税対策

HOME » 相続税のきほん

相続税対策

相続税の預かり保証金などの債務

相続

相続税の計算では、色々なことを考えなくてはなりません。
正直なところ、それらに関しては意外にも大変なことが多く、計算などは丸投げしてしまう方もいます。
特に相続税の計算に関しては、税率などを用いての計算が必要となってくるため、なかなか普通の方が対応するのは難しいです。
そもそも被相続人が亡くなってドタバタしている時に、相続税の計算などもすべて対応するということは、なかなかできるものではありません。
だからこそ、近年は特に税理士などに相談する方が増えています。
また、相続の場合はすべてがプラスになるわけではありません。
場合によっては預かり保証金などの債務がある場合もあるでしょう。
そうなると、より手続きは面倒になります。
どうしても勉強できないという方は、いっそ専門家に丸投げした方が良いかもしれません。

相続税の計算と聞くと、多くの方は「1,000万円残っているから、それを残りの家族や遺族で分ければ良いだけでしょ」と思っている方もいます。
しかし、実際にそうやって分配する際にも、按分割合などを計算して、それに対しての相続税も求めていくことが必要となります。
これを素人がすべて対応するということは、まず難しいと言えるでしょう。
まずは、それらの点もしっかりと考えて対処するようにしてください。
ちなみに、1,000万円だけではなく、本当の相続の場合は負債があったりすることも多々あります。
負債の分は当然相続しなくても良いのですが、相続税の計算においては「プラスの分だけ相続する」とか「マイナスの分だけ相続しない」ということが選択できません。
相続するのなら相続税を支払うことが必要ですし、相続しない場合は相続放棄と言って最初から法定相続人に入っていない状態として計算していくことが必要です。
そういう点もあるので、わからない場合は単純に専門家に対応してもらった方が良いと言えるでしょう。

まずは相続税の計算について勉強してみて、自分でできそうな場合はやってみてください。

ただ、この際に計算にミスがあった場合は、当然ですが修正が必要となります。
特に相続税などを間違った納税してしまった場合でミスが発覚した際には、さらに修正して納税することが必要となります。
そうなるとかなり手間も面倒もかかるでしょう。
それなら、最初から税理士などに相談して、計算しておいてもらった方が安全かつ安心なのではないでしょうか。
まずは上手に専門機関を活用しましょう。

銀行を活用した暦年贈与

相続税対策のために暦年贈与をしたいとき、個人でも手軽にできるのが、銀行を活用した暦年贈与です。
生前贈与はうまくやらないとまったく効果がない場合があるため、個人で暦年贈与を行うときは、この銀行を活用する方法がおすすめです。

これはどんな方法かというと、銀行の口座に振り込む形で贈与を行う方法となります。
この方法の利点は、公的な記録が残ることです。
口座には必ず名義人が記載されていますから、この口座の持ち主が誰なのか、客観的な証明ができます。
≫ 『銀行を活用した暦年贈与』

暦年贈与と連年贈与

今後遺産相続をする可能性がある人の中には、あらかじめ被相続人から生前贈与という形で財産を譲り受ける予定がある人も多いのではないでしょうか?
生前贈与は相続税対策によく利用される手段で、有効に利用すれば大幅に相続税を減らすことができますので、正しい知識を身に着けておきましょう。
≫ 『暦年贈与と連年贈与』

相続や贈与するときの注意

自身の子供にできるだけたくさんの財産を残してやりたい…こういった親心を持っている人も多いと思いますが、その際に注意しなければならないことがいくつかあります。
まずひとつめは相続税に関することで、たくさんの財産を相続することになると相続税がかかってくる可能性がありますから、財産の種類によっては大きな負担になってしまう可能性もあります。
≫ 『相続や贈与するときの注意』

夫婦間での暦年贈与

相続税や贈与税対策として有効だとよく言われるのが暦年贈与ですが、これは夫婦間でも適用されるのでしょうか?
贈与といえばどちらかというと子供や親、直接はつながりのない親戚、まったくの赤の他人など、配偶者以外の相手に行われることは多いです。
生計を一つにしている夫婦間での贈与に暦年課税は適用されるのかというと、実は適用されます。
つまり相続税対策のための贈与は、夫婦間でも行えるのです。
≫ 『夫婦間での暦年贈与』

義父からの暦年贈与

税金をできるだけ抑えつつ財産を次の世代に動かしたいとき、生前贈与が有効とよく言われますよね。
このときに使いやすいのが暦年贈与です。
事前の手続きなどが必要なく、誰かへ財産をあげたときに適用されるのがこの制度になります。
贈与税がかからない範囲で相続税対策をするためには、この暦年贈与を義父から義理の息子や娘にするのも有効です。
≫ 『義父からの暦年贈与』

暦年贈与の限度額

たくさんの財産が残されていたときに相続税に関する問題が出てきますが、被相続人となる人も自分がなくなったあとに自分の残した財産によって家族に負担をかけさせるのは申し訳ないと思っている人も多いのではないでしょうか?
そこでよく利用される手段が暦年贈与という方法で、暦年贈与とは毎年1月1日から12月31日までに贈与した金額に応じて贈与税を納めるという、いわゆる通常の贈与のことを指しています。

そして暦年贈与には基礎控除があっての限度額は年間110万円までとなっています。
たとえば1年間で130万円の贈与を行った場合は、(130万円-110万円)×10%(税率)で計算することができますので、納める贈与税は2万円となります。
≫ 『暦年贈与の限度額』

義理の息子への贈与に注意

娘を持つ親であれば結婚していく娘に幸せに暮らして欲しい、安定した生活ができるようにできるだけサポートしてやりたいと思うものですが、そういった気持ちが裏目に出てしまうケースがあることも忘れてはなりません。
今回はそういったことをテーマにしてお話していきますので、これから娘が結婚していく可能性がある場合は覚えておいてください。

はじめによくあるケースとして結婚する娘がより良い暮らしができるように、また子供が生まれたときに広い場所で暮らせるようにマンションを買ってやることがあります。
直系卑属の住宅取得金には一定の金額まで贈与税がかからないという控除が受けられますから、その制度を利用して資金を出してあげたのです。
≫ 『義理の息子への贈与に注意』