相続税対策 Archives - Page 2 of 3 - 暦年贈与・連年贈与でできる相続税対策

HOME » 相続税対策

相続税対策

暦年贈与と相続時精算課税の併用はできる?

生前贈与を受ける際にはいろいろなパターンを把握しておく必要がありますが、よくある疑問の中に暦年贈与と相続時精算課税が関係している件があげられます。
まず暦年贈与とは1年間の贈与税の基礎控除額にあたる110万円を超えない贈与であれば、非課税になるという制度で同じ年の1月1日から12月31日までに受けた贈与が対象になります。
つまり2017年の1月1日に110万円の贈与を受けた場合、次に暦年贈与が適用されるのは翌年の2018年1月1日からで、それまでに贈与を受けてしまった場合は通常の贈与と変わりません。

≫ 『暦年贈与と相続時精算課税の併用はできる?』

暦年贈与と相続時精算課税

遺産相続や贈与を受けた場合、控除額を超えてしまった場合は相続税・贈与税といった税金がそれぞれ発生することになります。
そこで今回は暦年贈与と相続時精算課税ではどちらがいいのか検証していきたいと思いますので、今後財産について考える際の判断材料にしてください。

まずはじめに暦年贈与について説明していきますが、これは贈与税における暦年課税制度による贈与のことを指しており、1月1日から12月31日までの1年間に受けた贈与金額が基礎控除額の110万円以下なら課税対象にならないという制度です。
ただし、基礎控除額の110万円を超えた贈与を受けると贈与を受けた翌年の2月1日から3月15日までの間に贈与税の申告をしなければなりません。
そしてそのときには110万円を超える部分が贈与税の対象となりますので、そうすると一般的な贈与になります。
たとえば120万円の贈与を受けた場合は(120万円-110万円)×10%(税率)の計算式に当てはめて計算し、この場合は1万円が贈与税額となります。

≫ 『暦年贈与と相続時精算課税』

暦年贈与と連年贈与についての相談は税理士にするべき

最近では相続する際の相続税の対策として、暦年贈与による生前贈与が一般的な贈与の方法として取り上げられています。
テレビなどのメディアでも話題となっていますよね。
ですが節税対策に暦年贈与を行ったとしても、連年贈与になってしまった場合、それは全く節税対策に当てはまらないんです。
これはいったいどういうことなのでしょうか。
≫ 『暦年贈与と連年贈与についての相談は税理士にするべき』

連年贈与の事例について

暦年贈与が連年贈与にみなされてしまっては税金をたくさん支払うこととなってしまいます。
暦年贈与をするにあたって、1年で大きな金額を贈与するのではなく、複数年にわたって少しずつ贈与をしていくことによって節税対策をすることができるというケースがあります。
ですが、その場合連年贈与にみなされる可能性があるのです。
連年贈与にみなされてしまうと結局総額に対して課税されることになるので節税対策にはならないんです。
≫ 『連年贈与の事例について』

相続における贈与税の対策について

財産を相続することについて、贈与税の対策をしっかりと行う必要があります。
亡くなってから財産の相続を行う場合には、相続税が発生することとなります。
また最近よく話題となっている生前贈与というものがあります。
生前贈与はなくなる前に財産を贈与するというものなのです。
生前贈与を行う際にも税金は発生してきます。
それが贈与税です。
≫ 『相続における贈与税の対策について』

連年贈与における相続税の注意点について

相続の手続をする前の相続税の節税対策として生前贈与があります。
生前贈与における暦年贈与を行うことによって相続税ではなく贈与税を支払うという方法になりますね。
ですが贈与税の場合は税率が高いというイメージがあるかもしれません。
確かに贈与税は相続税に比べても比較的税率は高いです。
ですが、上手に贈与をすることで節税対策を行うことも可能なのです。
≫ 『連年贈与における相続税の注意点について』

連年贈与における相続税の節税対策について

財産を相続した際に発生してしまうこととなる相続税において、相続税の節税対策を行う方法があります。
やっぱりせっかく残した財産ですから、少しでも発生してしまう税金を抑えたいものかと思います。
その発生することとなる税金を抑えるためにも節税対策はしっかりと行っておくべきなのです。
≫ 『連年贈与における相続税の節税対策について』

暦年贈与における相続税の対策について

遺産、財産を相続するということになると、税金を支払う必要が出てきます。
相続をするという場合には相続税という税金がかかってくるんですね。
相続税とは、親族等が亡くなった際に前の代から財産を受け継いだ場合、また遺言を通じて財産をもらったという場合に支払う必要が出てくる税金となります。
亡くなった人が被相続人であり財産を受け継いだ人を相続人と呼びます。
≫ 『暦年贈与における相続税の対策について』