タックスアンサーが便利 - 暦年贈与・連年贈与でできる相続税対策

HOME » 相続税のきほん » タックスアンサーが便利

タックスアンサーが便利

相続税や贈与税に関することは普段から税金について調べている人や税理士のような専門家でもない限りなかなか知る機会もありませんし、調べようと動くこともありません。
しかし将来的に自分の財産を相続させたい家族がいるなら、できるだけスムーズに引き継ぎができるようにしておいたほうが良いですし、遺産には相続税が絡んでくることも多いので自分の遺産によって家族を苦しめてしまう可能性もあります。
そういったことを避けるためにも生前からできるだけ情報収集し、自分でできることはやっておくことが大切になります。

近年増えているのが連年贈与に関することで、これは相続税の基礎控除額の引き下げがあったことによる影響が大きいかもしれません。
平成26年の12月31日までの基礎控除額は5,000万円+1,000万円×法定相続人の数で計算するようになっていましたが、税制が改正されたことによって平成27年1月1日からは3,000万円+600万円×法定相続人の数で計算するようになりました。

たとえば法定相続人が3人いた場合、旧税制の基礎控除額は8,000万円になりますが、新税法の計算方法だと4,800万円まで引き下がりますので、その分相続税の対象になる人が増えてしまいます。

実際に平成26年は全体のおよそ4%が相続税の対象になっていたのに対して平成27年には倍の8%の人が対象になりましたから、当然何らかの対策をしようと考える人も増えます。
そこでひとつの対策になるのが生前贈与で、これは毎年110万円以内であれば贈与税の対象にならないという決まりですが、毎年繰り返しているとあらかじめ贈与することが決まっていたのではないか?と判断される可能性があります。
そうすると連年贈与ということになり、その場合は毎年基礎控除額の範囲内の贈与を行っていたとしても贈与税の支払い対象になってしまうのです。

少し分かりづらい部分もあると思いますが、そんなときに便利なのが各種税金関係について教えてくれるタックスアンサーで、これは国税庁が提供する自動回答システムです。
タックスアンサーは国税局のホームページ(https://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm)からチェックすることが可能で、相続税や贈与税だけでなく所得税や法人税、消費税など各税金について知りたいことが記載されています。
まずは気になることをタックスアンサーで調べてみることをおすすめします。