相続税の預かり保証金などの債務 - 暦年贈与・連年贈与でできる相続税対策

HOME » 相続税のきほん » 相続税の預かり保証金などの債務

相続税の預かり保証金などの債務

相続

相続税の計算では、色々なことを考えなくてはなりません。
正直なところ、それらに関しては意外にも大変なことが多く、計算などは丸投げしてしまう方もいます。
特に相続税の計算に関しては、税率などを用いての計算が必要となってくるため、なかなか普通の方が対応するのは難しいです。
そもそも被相続人が亡くなってドタバタしている時に、相続税の計算などもすべて対応するということは、なかなかできるものではありません。
だからこそ、近年は特に税理士などに相談する方が増えています。
また、相続の場合はすべてがプラスになるわけではありません。
場合によっては預かり保証金などの債務がある場合もあるでしょう。
そうなると、より手続きは面倒になります。
どうしても勉強できないという方は、いっそ専門家に丸投げした方が良いかもしれません。

相続税の計算と聞くと、多くの方は「1,000万円残っているから、それを残りの家族や遺族で分ければ良いだけでしょ」と思っている方もいます。
しかし、実際にそうやって分配する際にも、按分割合などを計算して、それに対しての相続税も求めていくことが必要となります。
これを素人がすべて対応するということは、まず難しいと言えるでしょう。
まずは、それらの点もしっかりと考えて対処するようにしてください。
ちなみに、1,000万円だけではなく、本当の相続の場合は負債があったりすることも多々あります。
負債の分は当然相続しなくても良いのですが、相続税の計算においては「プラスの分だけ相続する」とか「マイナスの分だけ相続しない」ということが選択できません。
相続するのなら相続税を支払うことが必要ですし、相続しない場合は相続放棄と言って最初から法定相続人に入っていない状態として計算していくことが必要です。
そういう点もあるので、わからない場合は単純に専門家に対応してもらった方が良いと言えるでしょう。

まずは相続税の計算について勉強してみて、自分でできそうな場合はやってみてください。

ただ、この際に計算にミスがあった場合は、当然ですが修正が必要となります。
特に相続税などを間違った納税してしまった場合でミスが発覚した際には、さらに修正して納税することが必要となります。
そうなるとかなり手間も面倒もかかるでしょう。
それなら、最初から税理士などに相談して、計算しておいてもらった方が安全かつ安心なのではないでしょうか。
まずは上手に専門機関を活用しましょう。