相続における贈与税の対策について - 暦年贈与・連年贈与でできる相続税対策

HOME » 相続税対策 » 相続における贈与税の対策について

相続における贈与税の対策について

財産を相続することについて、贈与税の対策をしっかりと行う必要があります。
亡くなってから財産の相続を行う場合には、相続税が発生することとなります。
また最近よく話題となっている生前贈与というものがあります。
生前贈与はなくなる前に財産を贈与するというものなのです。
生前贈与を行う際にも税金は発生してきます。
それが贈与税です。

また贈与税の税率については相続税と比べても比較的高い税率となっています。
ですから生前贈与を行うにしても税率が高くなってしまうから、あまりするべきではないというイメージを持たれている方も多いかもしれません。
でもしっかりと節税対策を行って生前贈与を行うことで、節税につなげることができるのです。

生前贈与を行う際の贈与は暦年贈与と呼ばれる贈与になります。
暦年贈与では暦年、つまり1年間における贈与の金額に対してかかってくる税金となるのです。
暦年贈与では基礎控除額もあります。
基礎控除額は110万円となっていて、贈与を行った合計金額から110万円を差し引いた金額に贈与税が課されることとなります。
ですので110万円以下の贈与については贈与税の申告をする必要も、贈与税を支払う必要もありません。
110万円以下であれば無税で贈与を行うことができます。

ですのですべての財産を一括で贈与するのではなくて、1年間の基礎控除を利用し、毎年110万円以下の金額を贈与していくことで贈与税の節税を行うことが可能となります。
ですがそうした場合、毎年110万円ずつを贈与していると、連年贈与であるとみなされて税金をすべて支払う必要が出てくるケースがあります。
ですので連年贈与とみなされないようにするための対策を行うことも大切です。

連年贈与では贈与をしたという贈与税の申告を行わないので連年贈与とみなされる可能性が出てきます。
ですからたまには110万円を超える金額の贈与を行い、贈与税の申告を行うようにするとよいでしょう。