暦年贈与を行う方法について - 暦年贈与・連年贈与でできる相続税対策

HOME » 相続税対策 » 暦年贈与を行う方法について

暦年贈与を行う方法について

暦年贈与は1年間における贈与になります。
では暦年贈与はどのような方法で行えば良いのでしょうか。
贈与を行った場合、贈与税を申告する必要があります。
申告することで贈与を行ったということになり、贈与税が発生するという形になります。

まず贈与税について、贈与税には申告の期限があります。
贈与税の申告の手続きを行わなければいけないのですが、いつまでに行うものなのでしょうか。
贈与税申告の期限として、贈与を行った翌年の2月1日から翌年の3月15日までに申告をしなければいけません。
相続税の申告とは異なっていてこの期限については贈与税はすべて同じになります。
相続税の場合、申告期限は相続の開始があったことを知った日の翌日から10日以内となっています。

贈与税の手続きについてですが、行う人には3種類のタイプがあります。
一つ目は贈与税額が算出された人、つまり税額が出た人ですね。
また二つ目は贈与税の申告要件のある規定を受けている人、そして三つ目に相続時精算課税贈与を選んだ人、が当てはまります。
また特別控除という大きい控除額があるのですが、控除額以下の金額であれば申告をする必要がないと思うかもしれません。
ですが相続時精算課税贈与を選択しているという場合には贈与税の申告は必ず行う必要があるのです。

贈与税の申告の提出先についてですが、提出をするところとしては受贈者の住所地を所轄している税務署長に対して提出する必要があります。
申告を行う人としては受贈者一人で行う必要があります。
贈与税ですが相続税には違いがあります。
相続税の場合は、提出先は被相続人の住所を所轄する税務署であり申告を行う人としては、相続人全員で行う必要があります。
このように贈与税と相続税の申告については違いがありますので注意しましょう。

また暦年贈与で贈与税の申告を行う場合には必要書類もあります。
ですので必要となる書類は必ず事前に用意をしておくようにしてください。