暦年贈与と連年贈与の違いについて - 暦年贈与・連年贈与でできる相続税対策

HOME » 相続税対策 » 暦年贈与と連年贈与の違いについて

暦年贈与と連年贈与の違いについて

贈与を行うにあたって、贈与には暦年贈与と連年贈与というものがあります。
では同じ贈与であってもこの暦年贈与と連年贈与にはどういった違いがあるものなのでしょうか。
違いは何なのでしょう。

暦年贈与については暦年はつまり1年という意味になります。
1月1日から12月31日までの期間、1年を暦年と呼んでいます。
ですので暦年贈与の場合は、1年間で行った贈与のことになります。
1月1日から12月31日の間に受けた贈与の全額が贈与額となります。
また贈与税については基礎控除が110万円ありますから、その1年間、暦年に受けた贈与の合計金額から110万円を差し引いた金額に対して贈与税の課税がされることとなります。

一方、連年贈与についてですが、連年贈与は1年間という暦年の間だけでなく、毎年同じ金額を贈与するという贈与になります。
毎年同じ金額を贈与し続けることによって、1年間だけでなく贈与を行った複数年に行った贈与の総額が贈与を行った金額となります。
ですので連年贈与と暦年贈与の違いに注意をするようにしましょう。

暦年贈与には基礎控除があります。
この基礎控除は110万円となっています。
贈与を行った総額から110万円を引いた金額に対して贈与税が課されることとなっています。
ですので110万円以下の金額を1年間に贈与した場合には課税されることがありません。
無税で贈与を行うことができます。

だから全額の贈与額を複数年に分けて110万円ごとに贈与を行った場合、課税されることなく大金も贈与することができるのではないかと思ってしまうかもしれません。
ですがこの連年贈与にあたるとみなされてしまった場合には、すべての金額に対して課税されることとなってしまうのです。

ですので節税対策を行おうとして、連年贈与とみなされてしまっては結局節税対策にならないんですね。
ですから連年贈与にみなされないように注意する必要があります。
連年贈与にみなされないよう対策をするべきです。