暦年贈与と連年贈与についての相談は税理士にするべき - 暦年贈与・連年贈与でできる相続税対策

HOME » 相続税対策 » 暦年贈与と連年贈与についての相談は税理士にするべき

暦年贈与と連年贈与についての相談は税理士にするべき

最近では相続する際の相続税の対策として、暦年贈与による生前贈与が一般的な贈与の方法として取り上げられています。
テレビなどのメディアでも話題となっていますよね。
ですが節税対策に暦年贈与を行ったとしても、連年贈与になってしまった場合、それは全く節税対策に当てはまらないんです。
これはいったいどういうことなのでしょうか。

暦年贈与と生前贈与についてですが、贈与をするにしても税金は発生するのです。
相続税を支払うことを避けるために生前贈与をしたとしても、生前贈与の際に贈与税が発生することとなってしまいます。
ですが、贈与税を支払うにあたって暦年贈与を少しずつ行うことによって、節税対策を行うことが可能です。
でも暦年贈与を少しずつ行ったことが、結果的には総額を複数年にわたって贈与を受け取る権利を得たという風に取られてしまい、連年贈与を行ったとして総額に対して税金が課されるケースがあります。
それだと生前贈与をしたとしても、節税対策にはならないのです。

ですので連年贈与とみなされてしまわないように、暦年贈与を少しずつ行うにしても、贈与契約書を作成したりして対策をとる必要があります。
贈与契約書については自分自身で作成することも可能ですが、状況によっては複雑になるものもありますから、専門家に依頼するという方法がお勧めです。

また税理士に対して依頼をしておくと、税理士であれば税に関する相談に乗ってもらうことが可能です。
節税対策を行うのに暦年贈与を少しずつ行うことに対して、どういった風に生前贈与を行っていけばいいのかということを、相談することができます。
ですので素人ではなかなかわからないこともありますし、やり方を間違えてしまえば多くの税金を支払わなくてはいけなくなってしまうケースもあります。
だから税金を少しでも抑えるためにも節税対策を行う際の相談を税理士に行ったほうがいいかもしれません。
相続には配偶者控除など、もともと優遇された節税対策もありますのでいろいろな方法を検討してみるのが良いでしょう。
まずは税理士事務所などに出向いて相談を行ってみましょう。