暦年贈与の基礎控除について - 暦年贈与・連年贈与でできる相続税対策

HOME » 相続税対策 » 暦年贈与の基礎控除について

暦年贈与の基礎控除について

贈与をするにあたって、通常の贈与のことを暦年贈与と呼んでいます。
暦年贈与の暦年は暦の1年における区切りのことなんですね。
1月1日から12月31日までという期間、1年間において贈与をうけた財産の価額を合計することによってその贈与税額を計算することを暦年贈与と呼びます。

贈与税についてですが、贈与税には実は基礎控除が存在します。
基礎控除額として110万円があります。
基礎控除というものは、確定申告であったり年末調整において所得税額の計算をする場合において総所得合計から差し引くことができる控除の一つとなります。
一定の要件に対してだけ該当するといった控除ではなくて一律に適用されるものとなります。

ですので贈与税の基礎控除である110万円を引いて残った金額に対して、贈与税は掛かってくるものとなるのです。
ですから110万円をこえない金額の贈与は無税で行うことができるようになっています。
また贈与税がかかりませんから、贈与税の申告をすることも必要ありません。

また基礎控除は贈与をする側が一人であればそれに対してすべてかかるのではなく、贈与を受け取る側の人それぞれに対して基礎控除が認められることとなります。
ですので110万円以下の金額を複数人に対して年間で贈与を行っても無税となります。

ですが逆に受け取る側が複数人から贈与をされた場合は合計金額に対して税金がかかることとなります。
例えば110万円の贈与を複数人から受け取っても、110万円ずつだから無税であるという風に勘違いしてしまう方が多くいらっしゃいます。
ですが複数人からであっても受け取る側が1年の間に110万円を超える金額を受け取っていたのであれば、それは複数人から贈与を受け取った総額から基礎控除を引いた金額に対して贈与税は課されることとなります。
この点において注意しましょう。

この基礎控除を利用することによって節税対策を行うことができます。
連年贈与とみなされないように注意が必要です。