連年贈与における相続税の節税対策について - 暦年贈与・連年贈与でできる相続税対策

HOME » 相続税対策 » 連年贈与における相続税の節税対策について

連年贈与における相続税の節税対策について

財産を相続した際に発生してしまうこととなる相続税において、相続税の節税対策を行う方法があります。
やっぱりせっかく残した財産ですから、少しでも発生してしまう税金を抑えたいものかと思います。
その発生することとなる税金を抑えるためにも節税対策はしっかりと行っておくべきなのです。

相続税の節税対策は、被相続人がなくなってから行うのではなく、生前に行うことが大切です。
生前に行うことができる生前贈与という贈与方法を選択することによって相続税や贈与税の対策を行うことができるようになっています。

生前贈与の際にかかってくる贈与税に対して、基礎控除があります。
基礎控除額は110万円となっています。
また生前贈与は暦年贈与です。
暦年贈与では1年間における贈与の金額なのです。
ですので1年間において贈与を受けた金額の総額から110万円を差し引いた金額に対して贈与税は申告する義務が出てきますし、その110万円を引いた額に贈与税が課されることとなります。

では財産を110万円ごとに分けて毎年贈与を行っていけばいいのでは、と思う方もいらっしゃるかもしれません。
ですがそれは連年贈与とみなされてしまって、少しずつ分けた金額の総合計から110万円を引いた金額に税金が課されることになる可能性があります。
連年贈与というのは、毎年同じ金額での贈与を繰り返すことによってそのすべての合計金額を贈与したとみなされ、まとめて贈与税を課税されてしまう贈与となります。
ですので少しずつ分けるにしても連年贈与とみなされないようにしなければいけません。

そのための対策方法もあります。
連年贈与とみなされないようにするための対策としては、贈与をするごとに贈与契約書を作成するという方法があります。
また毎年同じ額ではなく違った金額を贈与したり、違った時期に違った金額を贈与するという対策方法もあります。
また毎回の贈与額を110万円以下にするのではなく、110万円を超える金額の贈与を行うようにするのもよいでしょう。