相続税対策 Archives - 暦年贈与・連年贈与でできる相続税対策

HOME » 相続税対策

相続税対策

相続税で知っておきたい内訳

相続

・相続税のメインは不動産
相続税の内訳の中でも、特に大きなウェイトを占めているのが不動産です。
正直、現金よりも住宅や土地などの不動産の方が、相続税の負担も大きくなります。
なぜなら、住宅の場合でも最低数千万円で購入していることが多く、財産評価によって価値が下がっているとしても、数百万円から数千万円単位での相続となります。
建物は老朽化などで価値が下がる傾向が強いですが、土地などは場合によっては価値が上がることもありますので、より注意が必要です。
土地は路線価などにも影響されるもので、実際に周辺の地価が上昇すると引っ張られる形で地価が上昇していきます。
つまり、自分たちが土地を購入した時は周辺に何もなくて価値が低かったものでも、数年数十年と経過して街が発展してくれば、その価値がかなり上がっていることもあるのです。
特に大都会の土地を持っている方は注意が必要となります。
相続税の内訳でもそれらの点が大きく影響してくるので、まずは不動産をしっかりチェックしておくことが必要です。

・相続税に多いのが現金
相続税の中でも、やはりイメージとしては現金などが大きいのではないでしょうか。
現金は実際に遺している方も多く、場合によっては数百万円から数千万円ほどあります。
特に被相続人が退職金をそのまま遺していたりすることもあり、老後の資金を使うまでもなく、思わぬ相続になることもあります。
そうなってくると、意外にもこの現金での相続も比重は重くなるでしょう。
内訳としても現金は定番中の定番なので、相続の際にはしっかりと遺産分割協議をしなくてはなりません。
ただ、不動産の場合は遺産分割協議もこじれることが多いですが、現金の場合は法定相続人ごとに規定に沿って分割すれば良いだけなので、そこまで揉めるということはないです。
ただ、場合によっては家族関係がこじれていて複雑化していることもあります。
そういう時には弁護士や司法書士、行政書士など第三者に相談してみるのも良いです。
場合によっては遺産分割協議に参加できない専門家もいるのですが、第三者がいることによってクレバーな話し合いが可能となります。

・その他の財産資産
相続税がかかるのは、何も現金や不動産だけではありません。
会社や企業を経営・運営していた方の場合は、売掛金なども残っている場合があります。
個人事業主やフリーランスをやっていて、売掛金などがある場合もあるかもしれません。
それぞれの状況によって財産や資産の状況というのは変わってきます。
被相続人が亡くなった後、どのような財産や資産があったのかについては調査しなくてはならないので、そこは遺族でしっかり話し合うことが必要となってくるでしょう。
まずは内訳を理解し、その上で専門家の力なども活用してみてください。

相続税で発生する計算問題

相続

相続税の計算をしていると、度々問題が発生することがあります。
事実、一般の方がいきなり「それでは相続税を計算して、申告をした後、納税してくださいね」と言われたところで、わからない人の方が大半だと言えるでしょう。
国は手間を省くために、それぞれが自己申告させるという方法にしていますが、この方法の場合は計算方法がわからない方は、取り残されてしまいます。
しかし、税金を支払わないと国は差し押さえるなど、色々と大変なことになります。
そのため、計算に関してはしっかり行って、納付することが必要となってくるのです。
ただ、個人で税金に関して色々と考えていると、計算問題も発生します。
計算問題が発生すると、後々に修正などが必要となり、さらに負担も増えるでしょう。
そのため、最初からしっかりと計算して納税することが必要となってくるのです。
そんな時便利なのが、計算に特化したソフトを活用するということ他、専門家に依頼するということです。

相続税の計算に向いているものとしては、やはり表計算ソフトのエクセルだと言えます。
このソフトは、セルという表を使って計算することができるソフトです。
Windows社が開発しているOfficeシリーズということもあって、その機能はかなり多機能に設定されています。
これらを活用すれば、税金の計算に関しては、わかりやすくなるのではないでしょうか。
その他、計算に関しては近年色々なアプリも登場していて、必要となる数字を入力するだけで、自分が納税すべき金額を計算してくれるものもあります。
これらのソフトやアプリを活用することで、相続税の計算も乗り越えていきましょう。
もちろん、計算するとは言っても、そもそも相続のことを知らないといけません。
そこは、被相続人と相続人の立場をしっかりと理解し、その上で対応していくことが必要となってくるでしょう。

なお、どうしてもわからないことが多いということであれば、専門家に頼りましょう。
税金の計算のことなら、税理士が頼りになります。
税理士は相続税の計算の他、活用できる控除などもすべて教えてくれます。
基礎控除の他にも特別な控除を活用すれば、税金負担額はかなり減らすことも可能です。
それらの節税に関しても税理士は知り尽くしているので、ぜひ活用してみてください。
なお、税理士に関しては近年色々な地域に点在しています。
相談だけなら無料というところも多いので、ぜひ相談無料のところから活用してみると良いでしょう。

暦年贈与・連年贈与でできる相続税対策

相続01

被相続人が亡くなった後、相続人となる人は残された財産を相続しなければなりませんが、遺産相続をするときによく問題になってくるのが相続税です。
相続税とは遺産相続した財産に対してかかってくる税金で、すべての相続人が対象になるわけではありませんが、条件を満たしている場合は被相続人が亡くなってから10カ月以内のところで税務署へ申告手続きをしなければなりません。

もし自分が相続税の対象になっているにも関わらず税務署へ申告手続きをしなかった場合、追加でペナルティを徴収されてしまいますので注意が必要です。
ただ、相続税対策は被相続人が亡くなってからはじめていては遅く、できれば被相続人の生前にやっておいたほうが良いので、将来的に自分が相続人になることが分かっているならきちんと話し合って対策を練っておきましょう。

相続税対策としてよく利用される方法に連年贈与というものがありますが、これは億単位のかなり多くの財産を相続する場合に有効な手段なので覚えておきましょう。
まず一般的な贈与のことを暦年贈与と呼び、これは毎年1月1日~12月31日までに贈与を受けた財産の金額によって税金を納めるようになっています。

贈与税の基礎控除額は110万円以下となっているので、年間で110万円までの贈与であれば贈与税の申告が不要です。
ただし110万円を超える贈与を受けた場合には、翌年2月1日から3月15日までの間に贈与税の申告が必要になりますので110万円を超える部分が贈与税の対象になります。

たとえば130万円の贈与があった場合には(130万円-110万円)×10%(税率)という計算式で2万円の贈与税を納税します。
この贈与税の基礎控除を利用したのが連年贈与で、これは毎年基礎控除額内に収めて贈与を行い、税金をかけずに少しずつ財産を引き継がせる方法になります。

ただ毎年一定の金額を繰り返し贈与していても暦年贈与扱いされてしまう可能性が高いので、贈与をするたびに贈与契約書を作成したり、受贈者本人の預金口座に振り込んで証拠を残したり、毎年基礎控除額内にするのではなくたまに110万円を超える贈与をして贈与税申告をする等の記録を残したりする対策が必要になります。
また毎年違う時期に違う金額で贈与を行う等、単発の贈与であることを強調するも効果がありますので、うまく工夫しながら贈与を繰り返すようにすればいい相続税対策になりますので覚えておきましょう。

相続税の預かり保証金などの債務

相続

相続税の計算では、色々なことを考えなくてはなりません。
正直なところ、それらに関しては意外にも大変なことが多く、計算などは丸投げしてしまう方もいます。
特に相続税の計算に関しては、税率などを用いての計算が必要となってくるため、なかなか普通の方が対応するのは難しいです。
そもそも被相続人が亡くなってドタバタしている時に、相続税の計算などもすべて対応するということは、なかなかできるものではありません。
だからこそ、近年は特に税理士などに相談する方が増えています。
また、相続の場合はすべてがプラスになるわけではありません。
場合によっては預かり保証金などの債務がある場合もあるでしょう。
そうなると、より手続きは面倒になります。
どうしても勉強できないという方は、いっそ専門家に丸投げした方が良いかもしれません。

相続税の計算と聞くと、多くの方は「1,000万円残っているから、それを残りの家族や遺族で分ければ良いだけでしょ」と思っている方もいます。
しかし、実際にそうやって分配する際にも、按分割合などを計算して、それに対しての相続税も求めていくことが必要となります。
これを素人がすべて対応するということは、まず難しいと言えるでしょう。
まずは、それらの点もしっかりと考えて対処するようにしてください。
ちなみに、1,000万円だけではなく、本当の相続の場合は負債があったりすることも多々あります。
負債の分は当然相続しなくても良いのですが、相続税の計算においては「プラスの分だけ相続する」とか「マイナスの分だけ相続しない」ということが選択できません。
相続するのなら相続税を支払うことが必要ですし、相続しない場合は相続放棄と言って最初から法定相続人に入っていない状態として計算していくことが必要です。
そういう点もあるので、わからない場合は単純に専門家に対応してもらった方が良いと言えるでしょう。

まずは相続税の計算について勉強してみて、自分でできそうな場合はやってみてください。

ただ、この際に計算にミスがあった場合は、当然ですが修正が必要となります。
特に相続税などを間違った納税してしまった場合でミスが発覚した際には、さらに修正して納税することが必要となります。
そうなるとかなり手間も面倒もかかるでしょう。
それなら、最初から税理士などに相談して、計算しておいてもらった方が安全かつ安心なのではないでしょうか。
まずは上手に専門機関を活用しましょう。

銀行を活用した暦年贈与

相続税対策のために暦年贈与をしたいとき、個人でも手軽にできるのが、銀行を活用した暦年贈与です。
生前贈与はうまくやらないとまったく効果がない場合があるため、個人で暦年贈与を行うときは、この銀行を活用する方法がおすすめです。

これはどんな方法かというと、銀行の口座に振り込む形で贈与を行う方法となります。
この方法の利点は、公的な記録が残ることです。
口座には必ず名義人が記載されていますから、この口座の持ち主が誰なのか、客観的な証明ができます。
≫ 『銀行を活用した暦年贈与』

暦年贈与と連年贈与

今後遺産相続をする可能性がある人の中には、あらかじめ被相続人から生前贈与という形で財産を譲り受ける予定がある人も多いのではないでしょうか?
生前贈与は相続税対策によく利用される手段で、有効に利用すれば大幅に相続税を減らすことができますので、正しい知識を身に着けておきましょう。
≫ 『暦年贈与と連年贈与』

相続や贈与するときの注意

自身の子供にできるだけたくさんの財産を残してやりたい…こういった親心を持っている人も多いと思いますが、その際に注意しなければならないことがいくつかあります。
まずひとつめは相続税に関することで、たくさんの財産を相続することになると相続税がかかってくる可能性がありますから、財産の種類によっては大きな負担になってしまう可能性もあります。
≫ 『相続や贈与するときの注意』

夫婦間での暦年贈与

相続税や贈与税対策として有効だとよく言われるのが暦年贈与ですが、これは夫婦間でも適用されるのでしょうか?
贈与といえばどちらかというと子供や親、直接はつながりのない親戚、まったくの赤の他人など、配偶者以外の相手に行われることは多いです。
生計を一つにしている夫婦間での贈与に暦年課税は適用されるのかというと、実は適用されます。
つまり相続税対策のための贈与は、夫婦間でも行えるのです。
≫ 『夫婦間での暦年贈与』