相続税対策 Archives - Page 2 of 3 - 暦年贈与・連年贈与でできる相続税対策

HOME » 相続税対策

相続税対策

暦年贈与の限度額

たくさんの財産が残されていたときに相続税に関する問題が出てきますが、被相続人となる人も自分がなくなったあとに自分の残した財産によって家族に負担をかけさせるのは申し訳ないと思っている人も多いのではないでしょうか?
そこでよく利用される手段が暦年贈与という方法で、暦年贈与とは毎年1月1日から12月31日までに贈与した金額に応じて贈与税を納めるという、いわゆる通常の贈与のことを指しています。

そして暦年贈与には基礎控除があっての限度額は年間110万円までとなっています。
たとえば1年間で130万円の贈与を行った場合は、(130万円-110万円)×10%(税率)で計算することができますので、納める贈与税は2万円となります。
≫ 『暦年贈与の限度額』

義理の息子への贈与に注意

娘を持つ親であれば結婚していく娘に幸せに暮らして欲しい、安定した生活ができるようにできるだけサポートしてやりたいと思うものですが、そういった気持ちが裏目に出てしまうケースがあることも忘れてはなりません。
今回はそういったことをテーマにしてお話していきますので、これから娘が結婚していく可能性がある場合は覚えておいてください。

はじめによくあるケースとして結婚する娘がより良い暮らしができるように、また子供が生まれたときに広い場所で暮らせるようにマンションを買ってやることがあります。
直系卑属の住宅取得金には一定の金額まで贈与税がかからないという控除が受けられますから、その制度を利用して資金を出してあげたのです。
≫ 『義理の息子への贈与に注意』

暦年贈与にならないために

遺産相続すると金額によっては、相続したあとに相続税がかかってしまいます。
相続税はプラスの財産からマイナスの財産を引き、その総額からさらに基礎控除額あるいは配偶者控除額を引いた金額が対象になりますので基礎控除額や配偶者控除を超える金額になると発生する税金です。

相続税は富裕層の納める税金だというイメージが持たれているかもしれませんが、平成27年より新しい税制に改正されて以降大幅に相続税の対象になる人が増えました。
というのも平成26年12月31日までは基礎控除額の計算式が5,000万円+(配偶者の数×1,000万円)だったのが、3,000万円+(配偶者の数×600万円)に変更されたからです。

≫ 『暦年贈与にならないために』

暦年贈与について

遺産相続は多くの財産を相続する場合、相続税がかかってしまう可能性が高く、できるだけその負担を少なくしたいと考えている人が多いと思います。
相続税は平成27年1月1日より税制の改正にともなって基礎控除額が大幅に引き下がりましたし、相続税率もより細かく設定され税率が上がった部分もありますので、これまでのように富裕層の納める税金というわけではなくなってきています。

まず基礎控除額の変更点ですが、平成26年12月31日までは5,000万円+(法定相続人の数×1,000万円)の計算式で計算することになっていましたが、平成27年1月1日より3,000万円+(法定相続人の数×600万円)の計算式に変更になりました。
たとえば法定相続人が3人いる場合は現在の計算式だと3,000万円+(3×600万円)なので基礎控除額は4,800万円になります。

≫ 『暦年贈与について』

連年贈与について

贈与税について調べていると必ず出てくるのが連年贈与に関する話題で、これは節税を考えた贈与をするなら必ず覚えておかなければならないワードです。
それでは連年贈与とはどういう決まりなのか、またどのような場合に適用されるのか、ここでは判例を交えて解説していきたいと思いますので、これから贈与を検討されている方は参考にしてください。

はじめに贈与とは自身の財産を家族などに贈ることを指しており、これには贈与税という税金がかかります。
しかし相続税と同じように贈与税にも基礎控除があって、その金額は年間で110万円までと定められています。

相続税の場合、遺産相続をした結果相続税が発生するのかどうかを判断しますが、贈与税の場合は被相続人となる人の生前に行われますので調整が可能ですから節税対策もしやすいでしょう。
基礎控除額があらかじめ110万円と決まっていますから、それを超えなければ贈与税はかかりませんので、中には財産を分割して毎年基礎控除額内で贈与しようと考える人もいます。

しかし贈与税の落とし穴はここにあって、毎年同じ金額の贈与を繰り返していた場合連年贈与と判断される可能性が高いです。
連年贈与とはあらかじめ決まっている金額を分割して贈与していた場合に適用されるルールで、たとえば1,000万円の財産を毎年100万円ずつ贈与していると連年贈与になります。

≫ 『連年贈与について』

連年贈与について

将来的に自身の遺産を相続させたいと考えていて、その遺産に相続税がかかることが予想される場合、前もって贈与することにより税金をかけずに引き継がせることができます。
しかしそのためには注意しなければならない点もありますので、今回は生前贈与するときのポイントと注意点を紹介していきますから、現在財産の贈与を検討している方は目を通してみてください。
≫ 『連年贈与について』

連年贈与にならない工夫

被相続人が将来相続させるつもりだった財産を贈与という形で譲り渡すことがあります。
これはすでに相続させたい財産と相続人を決めているときに多く、相続税の負担を軽減させる目的があります。

やり方としては贈与税の1年あたりの基礎控除を利用して行い、贈与税の基礎控除額は1年あたり110万円となっていますから、毎年110万円までの贈与なら無課税となります。
つまり総額をそのまま被相続人が亡くなったあとに相続させると相続税がかかるものでも、被相続人の生前に分割で基礎控除内の贈与をしていけば税金は一切かからないのです。

≫ 『連年贈与にならない工夫』

連年贈与にならない対策

被相続人が生前から相続人をすでに決めている場合、相続税の負担を軽減させるために毎年基礎控除額ギリギリの金額を贈与することがあります。
これは連年贈与と言い、文字通り毎年繰り返し贈与を行うことで課税対象になってしまう可能性があります。

まず贈与税の基礎控除額は一年あたり110万円となっており、それを超えない金額の贈与であれば課税対象にはなりません。

≫ 『連年贈与にならない対策』

暦年贈与と相続時精算課税の併用はできる?

生前贈与を受ける際にはいろいろなパターンを把握しておく必要がありますが、よくある疑問の中に暦年贈与と相続時精算課税が関係している件があげられます。
まず暦年贈与とは1年間の贈与税の基礎控除額にあたる110万円を超えない贈与であれば、非課税になるという制度で同じ年の1月1日から12月31日までに受けた贈与が対象になります。
つまり2017年の1月1日に110万円の贈与を受けた場合、次に暦年贈与が適用されるのは翌年の2018年1月1日からで、それまでに贈与を受けてしまった場合は通常の贈与と変わりません。

≫ 『暦年贈与と相続時精算課税の併用はできる?』

暦年贈与と相続時精算課税

遺産相続や贈与を受けた場合、控除額を超えてしまった場合は相続税・贈与税といった税金がそれぞれ発生することになります。
そこで今回は暦年贈与と相続時精算課税ではどちらがいいのか検証していきたいと思いますので、今後財産について考える際の判断材料にしてください。

まずはじめに暦年贈与について説明していきますが、これは贈与税における暦年課税制度による贈与のことを指しており、1月1日から12月31日までの1年間に受けた贈与金額が基礎控除額の110万円以下なら課税対象にならないという制度です。
ただし、基礎控除額の110万円を超えた贈与を受けると贈与を受けた翌年の2月1日から3月15日までの間に贈与税の申告をしなければなりません。
そしてそのときには110万円を超える部分が贈与税の対象となりますので、そうすると一般的な贈与になります。
たとえば120万円の贈与を受けた場合は(120万円-110万円)×10%(税率)の計算式に当てはめて計算し、この場合は1万円が贈与税額となります。

≫ 『暦年贈与と相続時精算課税』